海外旅行に持っていった無印のスキンケア・ボディケア用品

2019-12-05

リュック一つの最小構成で行った海外旅行では、無印良品の化粧品が大活躍しました。

水を含んだ手荷物の機内持ち込みは1容器100ml合計1リットルまでと、とても少ないのです。これを満たすために100均ショップ等で小さな容器を買ってきて、普段使っている化粧水から移すのって、面倒でやりたくないですよね。最初から旅行に持っていきやすいサイズになっているものといえば、化粧品の試供品などになってしまいます。

しかし! 無印良品の化粧品類はコンパクトなサイズでも売られています。これを使わない手はないです。

私がタイ旅行などに実際に持っていったものを、いくつかご紹介します。

クリアケア オールインワンジェル 30g

クリアケアオールインワンジェル 携帯用

たった 30g の携帯用全部入りスキンケア、洗顔後はコレ一つで完璧。2〜3週間の旅に持っていきました。
夏向けのさっぱりタイプなので、熱帯地域の海外旅行にオススメ。

岩手県釜石の天然水・果物のエキスなどを配合した保湿ジェルで、もちろんmujiらしく肌に優しい弱酸性で、添加物も少なめ。

アルコールフリーなので、男性の髭剃り後にもヒリヒリせず使えます。

オールインワンジェルは様々な種類がある、選び方は?

無印良品のジェル化粧品は、共通して岩手県釜石の天然水が使われています。
それをベースに、エイジングケア、美白、敏感肌用、さっぱり(クリアケア)など特長づけてラインナップされています。

  • エイジングケア オールインワンジェル
    • 年齢を感じる場合。10種の天然美肌成分・ヒアルロン酸・コラーゲン。香り控えめ
  • ハーバル オールインワンジェル
    • ハーブ系。8種類の有機国産植物エキス・アロエベラ配合。結構香りが強い
  • クリアケア オールインワンジェル
    • さっぱり・ニキビ向け。4種のフルーツエキス配合。爽やかな香り
  • [敏感肌用]
    • 敏感肌用 薬用美白ジェル
      • 日焼け対策。ビタミンC誘導体・アンズ果汁・グレープフルーツエキス・肌保護成分のスベリヒユエキス)
    • 敏感肌用 オールインワン美容液ジェル
      • 一番肌に優しい。最もシンプルな配合のジェル

肌が弱い方なら「敏感肌用 オールインワン美容液ジェル」か「クリアケア」を選んでおけば失敗しないです。どちらもアルコールが入っていないので、ピリピリしません。クリアケアの方が配合成分は多く、爽やかな香りがあります。柑橘系で、私はこの香りが好きで、最近はクリアケアを選ぶことが多いです。

肌が特に弱い方でなく簡単に選ぶなら、熱帯・亜熱帯の国へ行くなら「クリアケア」「敏感肌」(紫外線が強い地域で日焼けケアをしたいなら敏感肌用薬用美白ジェル)、寒い国なら「エイジングケア」「ハーバル」となりますね。エイジングケア・ハーバルはかなりしっとりするので、好みが分かれると思います。

敏感肌 ハンドクリーム 50g

敏感肌用ハンドクリーム 携帯用

たった 50g の天然潤い成分配合のハンドクリーム。

空気が乾燥したり日差しが強い地域だと、手荒れが気になります。私はコレ1つ持っていって、ホテルでの風呂上がりには手の甲に塗り込み保湿していました。量は結構たっぷりあり、2〜3週間なら充分で余ります。

ハンドクリームの良いところは、手だけでなく例えば膝や肘など、ボディの気になるポイントのケアにも使えることですね。ボディジェルも持っていく手もありますが、荷物が増えてしまいます。

ただ敏感肌タイプは香りがないので、リラクゼーションを求める方には物足りないかも。そういう方であれば、シトラス・ハーバル等の香りがあるタイプ(もちろん50g)もあるので、そちらを選ぶとよいでしょう。

マイルド 洗顔フォーム 30g

マイルド洗顔フォーム

たった 30g の天然潤い成分(果汁エキス等)配合の洗い上がりの保湿も考えた洗顔フォーム。
マイルドタイプでアルコールは入っておらず、敏感肌にもピッタリでした。

おわりに。上記の3つをジップロックに入れても、たった110g

オールインワンジェル、ハンドクリーム、洗顔フォーム。これらを手荷物用のジップロックにいれても、まだ800mlくらい余ります。

私は、これに加えて1dayコンタクトレンズなど持っていきましたが、きちんと収まりました。(1gで1mlくらいと見ておけばOK。水とは比重が違ったりしますが、厳密に見てる国はあまりないです)

2〜3週間いってハンドクリーム以外は使い切りました。
次の海外旅行もこの布陣で行きたいと思います!

(女性なら、これに加えてメイク落としも買っておくといいですよ)

無印は海外にも店舗があります

日本で揃えていくのいいのですが、もし忘れても大丈夫。無印良品は海外にも出店しており、東南アジア・ヨーロッパ・アメリカ・南アフリカなどであれば旅行先で買うことも出来ます。(2019年2月時点で、海外27カ国・店舗数517

タイ・バンコクの無印良品
バンコクの無印の店舗。日本と変わらない品揃え。