無印良品が敗訴。中国の无印良品とは? 海外の類似ブランドを紹介します

東南アジアに展開する無印良品の店舗

シンプル系ライフスタイル雑貨ブランドの無印良品 (良品計画)。

2019年12月、中国国内での「無印良品」の商標権をめぐる裁判で、日本の良品計画が敗訴したニュースが報じられました。

相手は「无印良品」を展開する北京棉田紡績品有限公司。今回は二審めで、中国では二審までで控訴はできません。「真似をされる」のは認知されているブランドだからこそですが、パクリが盛んな中国を相手に日本企業は厳しい戦いを強いられているようです。

商品のラインナップが似ているだけでなく、看板やディスプレイ、ブランド名までパクってしまうのは流石中国。節操がなく、お金になればそれでいいというスタンス。

无印良品 はどういったブランド?

  • 2001年頃には中国系企業が「無印商品」の商標を登録。
  • 2004年 : 商標が譲渡。北京綿田へ移る。
  • 2005年 : 日本の「無印良品」(良品計画) が中国に進出。
  • 2011年 : 北京綿田が「北京無印良品」を設立。
  • 2017年頃 : 大きく動く。日本の無印良品に類似した「無印良品Natural Mill」の展開を開始。ここから中国国内の「无印良品」と「無印良品」との戦いが始まる。
  • 2018年 : 両社の訴訟がオープンになる。

中国国内だけでみると、商標登録を先に行ったのは中国系企業のため(2001年)、後発になる2005年から進出した良品計画の旗色は悪そうに見えます。

サイトドメインも凄く似せている

ブランド ドメイン
無印良品 (日本・良品計画) muji.net / muji.com
无印良品 (中国・北京綿田) muji.com.cn

中国側のドメイン「.com.cn」は中国に登記している法人のみが取得できるもので、中国のCNNIC (産業情報技術省下の行政機関) が管理しており国家的に認められたドメインです。

このドメイン構造はワールドワイドなドメインをパクリやすい仕組みと言えるでしょう。「uniqlo.com.cn」などとして UNIQLO のパクリもアリなわけですね。詳しくない人は見間違えてサイトを来訪することもありそう。

海外にある、日本を意識した雑貨系ブランド

MINISOU (メイソウ)

MINISOUの店舗

中国系企業の名創優品(めいそうゆうひん)が展開する雑貨系ブランド。主に中国内での店舗展開ですが、2019年末の本社は東京都にあり、日本にも店舗があります。

ブランドロゴは中国らしい赤で(ユニクロっぽく見えますね…)可愛いデザインのものを多く販売しています。

店舗の看板に「Japanese Designer」の文字。

「ダイソーっぽくてユニクロ風味、それでいて無印良品」
名創優品 | Wikipedia

Moshi Moshi (もしもし)

Moshi Moshiの店舗

主に東南アジアのタイで展開する雑貨系ブランド。2019年秋にタイに訪れた際に見かけましたが、商品の雰囲気はメイソウとよく似ていて、同じブランドかな?と思ったほどです。

特徴的なのがSNSアカウントに「.jp」を付けていることで、いかにも日本ブランドっぽく見えます。

Moshi MoshiのSNSアカウントは日本っぽい

共通するのは「Made in Japan」を装っていること

これらブランドに共通しているのは、かつて高品質を謳われた「Made in Japan」日本製・日本品質のブランドであることを押し出したマーケティングがされていること。

しかしながら実際のところは、本当に日本で作られているわけではなく「日本で作った風に見せている」商品たちです。問題は、日本のことをよく知らない遠く離れた国の人たちが「Made in Japan と思い込んで買ってしまう」ことでしょう。

そして、今回の中国国内での訴訟は、日本製の商品と偽るだけではなくブランドや看板そのものを偽る事件だと思います。

おわりに

今回は敗訴ということですが、他にも争っている商標は沢山あり、まだまだ過熱しそうな気配ですね。日本の無印良品を応援しましょう。