CDCによる新型コロナウイルスCOVID-19の情報と対策

2020-01-25

COVID-19
unsplash-logoCDC Photo by CDC on Unsplash

2020/05/06 19:15 更新

感染拡大中の新型肺炎「コロナウイルス COVID-19」について、アメリカのCDC発表情報の日本語訳です。

※Google翻訳のため、曖昧な表現があるかもしれません。分かりやすくするために日本語の訂正や、日本人にとって重要な情報を整理するため、要点の抽出・構成の変更などを行っています。

出典元 : https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html
参考 : 日本国・厚生労働省-新型コロナウイルス感染症について

アメリカ・CDCと日本・厚生労働省の報道比較を行ってみるのも良いと思います。

コロナウイルス病2019(COVID-19/2019-nCoV)について

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に起因する「コロナウイルス病2019(COVID-19)」の発生は、2019年12月に中国湖北省武漢で始まり、中国を中心に全世界に広がっています。

COVID-19の人から人への拡散は、主に呼吸器感染によって起こるようです。ウイルスが人の間でどれほど簡単に伝染するかは現在不明です。COVID-19の徴候と症状には、発熱、咳、息切れが含まれます。

報告された観測データに基づいて、COVID-19の症状は暴露後2〜14日に発症。また高齢者や基礎疾患や免疫系が損なわれている人は、このウイルスによる重病のリスクが高い可能性があることを示唆しています。

  • 2020年2月11日、世界保健機関(WHO)は、この感染病を コロナウイルス病 COVID-19 と名付けました。 「CO」は「コロナ」、「VI」は「ウイルス」、「D」は病気を表しています。
  • 2020年2月7日、国際ウイルス分類委員会(ICTV)により、この感染症を引き起こすウイルスの名称は重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2 SARS-CoV-2 と決定されました。

米国の状況

米国政府は、前例のない段階にきていると判断しています。

CDCは、米国でCOVID-19が広範囲に感染すると予想しています。
今後数ヶ月で、米国の人口のほとんどはこのウイルスにさらされるでしょう。

  • 米国保健福祉省長官は、2020年1月31日に COVID-19を米国の公衆衛生上の緊急事態と宣言しました。
  • 米国政府は、2020年2月2日に過去14日以内に中国に滞在した外国人の入国を停止しました。
  • 湖北省および中国本土の他の地域に居住していた米国市民、居住者、およびその近親者は、米国への入国が許可されますが、健康監視および最大14日間の検疫の対象となります。

米国内の感染確認数

最新情報

  • 総症例数:1,171,510
  • 死亡者数:68,279

渡航の制限や注意喚起

COVID-19は、中国とヨーロッパの殆ど、そして世界各国に大きく広がっています。

コロナウイルスの世界感染者マップ – COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE(随時更新)

レベル 3 の地域(米国への入国停止)

  • 中国
  • イラン
  • ほとんどのヨーロッパ諸国
  • イギリスとアイルランド

CDCは、上記の目的地への不必要な旅行をすべて避けることを推奨します。過去14日間にこれらの国のいずれかに滞在したほとんどの外国人は、米国に入国することが許可されません。

レベル 3 の地域

CDCは、全世界の全ての地域への渡航を避けることを推奨します。ここには日本も含まれます。

温暖な気候、暖かくなればCOVID-19の拡散が止まるのか?

いいえ。天候と気温がCOVID-19の広がりに影響を与えるかどうかはまだわかっていません。

一般的な風邪やインフルエンザのようなウイルスは寒い季節により多く拡散しますが、それは他の時期にそれらのウイルスに感染しないわけではありません。

現時点では、天候が暖かくなるとCOVID-19の広がりが減少するかどうかはわかりません。

蚊やダニがウイルスを媒介するというデータはない

現時点では、CDCには、この新しいコロナウイルスや他の類似のコロナウイルスが蚊やダニによって蔓延していることを示唆するデータはありません。COVID-19の拡散は主に人から人へです。

今後起こりえる危機的な状況

COVID-19の感染は、医療を必要とする多数の人々に広がる可能性があります。学校、保育所、職場では、より多くの欠勤が発生する場合があります。入院や死亡の割合が高くなり、公衆衛生および医療システムが過負荷になる可能性があります。法執行機関、救急医療サービス、輸送業界などのその他の重要なインフラも影響を受ける可能性があります。

症状

軽度の症状から重度の病気まで、さまざまな症状が報告されています。
次の症状を発症、または併発している人は、感染しているかもしれまん。

  • 息切れまたは呼吸困難

または、次の症状のうち少なくとも2つが発症:

  • 寒気
  • 悪寒
  • 筋肉痛
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 味や匂いの喪失(嗅覚・味覚障害)

CDCは現時点で、COVID-19の症状は暴露後わずか2日または14日間で現れると考えています。

さらに、重度の症状には以下のようなものがあります。
次の症状が見られる方は、直ちに医師の診察を受けてください。

  • 呼吸困難または息切れ
  • 胸の持続的な痛みまたは圧迫
  • 意識不明
  • 青みがかった唇または顔

リスクの高い人はどのような人たちか

高齢者や、心臓や肺の病気、糖尿病などの重篤な基礎疾患を抱えている人は、より深刻な合併症を発症するリスクが高いようです。

  • 高齢者
    • 65歳以上の人
    • 老人ホームや介護施設に住んでいる人
  • 次のような慢性疾患・基礎疾患を持っている人
    • 慢性肺疾患または中等度から重度の喘息の人
    • 深刻な心臓病を患っている人
    • 免疫不全の人
      • がんの治療、喫煙、骨髄または臓器移植、免疫不全、HIVまたはAIDSの制御不良、およびコルチコステロイドやその他の免疫力低下薬の長期使用など、多くの状態が免疫不全を引き起こす可能性があります
    • 重度の肥満の人(肥満度指数[BMI]が40以上)
    • 糖尿病の人
    • 透析を受けている慢性腎臓病の人
    • 肝疾患のある人

子供の発症例・程度

幼児を含む子供の感染が報告されていますが、子供がより影響を受けやすいという証拠はありません。中国から報告されたCOVID-19のほとんどの感染報告は成人で発生しています。

中国国内において、COVID-19を発症した子供の主な症例は、発熱、鼻水、咳などの風邪のようなものです。胃腸症状(嘔吐および下痢)が少なくとも1人の子供で報告されています。

また重度の合併症(例、敗血症性ショック)が報告されているが、まれであるように思われます。(基礎疾患がある子供は要注意と考えられる)

妊婦・胎児・乳児への影響

妊娠中の女性は、そうでない人に比べ、SARSやMERSの症例に見られるように重病、罹患率、または死亡のリスクがある可能性もあります。現在のところ、妊婦は通常の予防措置をとるべきと考えられます。

妊娠初期の高熱は、胎児に特定の先天異常のリスクを高める可能性があります。また、SARSやMERSでは流産や死産などの妊娠喪失が報告されています。

COVID-19の妊婦は、ウイルスを胎児または新生児に感染させた症例の報告はありません。まだ不明ではありますが、査読付き文献で発表されたCOVID-19を持つ母親から生まれた最近のケースでは、検査で陽性となった乳児はいません。さらに、羊水または母乳のサンプルではウイルスは検出されませんでした。

これまでに報告された症例では、COVID-19に感染した女性の母乳にはウイルスは発見されていません。母乳を介したCOVID-19の原因となるウイルス感染に関する情報はありません。

予防と治療

感染を防ぐ最善の方法は、このウイルスにさらされるのを避けることです。ただし、CDCは、次のような呼吸器ウイルスの拡散を防ぐために、毎日の予防措置を常に推奨しています。

  • 特にトイレに行った後は、石鹸と水で少なくとも20秒間手をよく洗ってください。食べる前、鼻をかんだり、咳をしたり、くしゃみをした後。
  • 石鹸と水がすぐに手に入らない場合は、少なくとも60%のアルコールを含むアルコールベースの手指消毒剤を使用してください。手が目に見えて汚れている場合は、必ず石鹸と水で手を洗ってください。
  • 目、鼻、口に触れないでください。
  • 病気の人との密接な接触を避けてください。
  • 病気のときは家にいてください。
  • 咳やくしゃみをティッシュで覆い、ティッシュをゴミ箱に捨てます。
  • 細菌で汚染されている可能性のある表面および物体を洗浄および消毒します。
  • 頻繁に触れる物体や表面は、通常の家庭用クリーニングスプレーまたはワイプを使用して清掃および消毒してください。

これらは、いくつかのウイルスの拡散を防ぐのに役立つ毎日の習慣です。

コンタクトレンズについて

現在、コンタクトレンズ装着者が眼鏡装着者よりもCOVID-19へのリスクが高いことを示唆する証拠はありません。レンズを扱う前に石鹸を用いての手洗いなど、通常の衛生習慣を行って下さい。

コンタクトレンズの洗浄、消毒、保管のための過酸化水素は、COVID-19を引き起こすウイルスに対して効果的です。超音波洗浄機などは、現在のところ抗ウイルスに値する十分な科学的証拠がありません。

もしCOVID-19に感染した場合に、あなたが出来ることは?

自宅やコミュニティの人々に広がるのを防ぎましょう。

医療を受ける以外は家にいる

医療を受ける場合を除いて、家を出てはいけません。職場、学校、公共の場所に行ったり、公共交通機関やタクシーを使用したりしないでください。

あなたの家の他の人から自分を引き離す

可能な限り、あなたはあなたの家の他の人とは別の部屋に滞在するべきです。また、利用可能な場合は、独立したバスルームを使用する必要があります。

医師を訪問する前に事前に電話してください

医療機関の予約の前に電話して、COVID-19感染症があるか、または評価されていることを伝えてください。これにより、医療提供者のオフィスは他の人が感染しないように対策を講じることができます。施設に入る前にフェイスマスクを着用してください。

マスクを着用

他の人と同じ部屋にいるとき、および医療提供者を訪問するときは、マスクを着用する必要があります。マスクを着用できない場合、同居している人は、同じ部屋にいる間に着用する必要があります。(※症状が見られない場合、フェイスマスクの着用は推奨していません)

咳やくしゃみを覆う

咳やくしゃみをするときは、口や鼻をティッシュで覆います。使用済みのティッシュを裏張りのゴミ箱に捨て、すぐに石鹸と水で少なくとも20秒間手を洗います。

手を洗いましょう

石鹸と水で20秒以上手をよく洗ってください。石鹸と水が使用できない場合は、少なくとも60%のアルコールを含むアルコールベースの手指消毒剤で手をきれいにし、手の表面全体を覆って、乾くまで擦り合わせます。手が目に見えて汚れている場合は、石鹸と水を優先的に使用する必要があります。洗っていない手で目、鼻、口に触れないでください。

家庭用品の共有を避ける

皿、コップ、コップ、食器、タオル、寝具、その他のアイテムを家の他の人と共有しないでください。これらを使用した後、石鹸と水で徹底的に洗う必要があります。

住居を隔離する

感染が確認された患者は、他人への二次感染のリスクが低くなると考えられるまで、在宅隔離の予防措置をとるべきです。

在宅隔離の予防措置を中止する決定は、医療提供者や州および地方の保健部門と相談して、ケースバイケースで行われるべきです。これらの措置はMERSなどの他のコロナウイルスに関する一般的な推奨事項に基づいています。

ペットや他の動物との接触を避ける

病気のときはペットや他の動物を扱わないでください。COVID-19でペットや他の動物が病気になるという報告はありませんが、いくつかのタイプのコロナウイルスは動物に病気を引き起こし、動物と人の間で広がる可能性があります。動物の周りにいる、またはペットの世話をしなければならない場合は、動物との接触を避け、フェイスマスクを着用してください。

コロナウイルスの始まりと広がり方、背景

背景

CDCは、中国の湖北省武漢市で最初に検出され、拡大を続けている新しいコロナウイルスによって引き起こされる呼吸器疾患の発生を綿密に監視しています。

中国の保健当局は、中国で数万件のCOVID-19の症例を報告しており、ウイルスはその国の一部で人から人へと広がっていると伝えられています。COVID-19の病気は、そのほとんどが武漢からの旅行に関連しており、米国を含む国際的な場所で報告されています。中国以外でのこのウイルスの人から人への広がりが検出されています。

米国は、2020年1月30日に、このウイルスによる人から人への拡散の最初の確認例を報告しました。

コロナウイルスは、ラクダ、ウシ、ネコ、コウモリを含む多くの異なる動物種に共通するウイルスの大きなファミリーです。まれに、動物コロナウイルスが人々に感染し、MERS、SARS、そして現在ではこの新しいウイルス(SARS-COV2と呼ばれる)のように人々の間で広がることがあります。

人への感染手段

ほとんどの場合、人から人への拡散は、密接な接触(約2メートル以内)間で起こります。

人から人への広がりは、主にインフルエンザやその他の呼吸器病原体の広がりと同様に、感染者が咳やくしゃみをしたときに生じる呼吸器の飛沫を介して起こると考えられています。これらの水滴は、近くにいる人や肺に吸い込まれる可能性のある人の口や鼻に落ちる可能性があります。

人がCOVID-19に感染するかどうかは、ウイルスが感染している表面または物体に触れてから、自分の口、鼻、または場合によっては目から感染するか、予測の範囲を超えずはっきりしていません。

ウイルスの発生源と拡散

中国の保健当局は、GenBank にSARS-COV2の全ゲノムを最初に投稿しました。
CDCは、米国の最初と2番目の患者で検出されたSARS-COV2ウイルスの全ゲノムをGenBankに投稿しました。

SARS-COV2ウイルスは、両方がコウモリに起源を持つMERSやSARのようなベータコロナウイルスです。米国の患者からのシーケンスは、中国が最初に投稿したシーケンスと類似しており、動物の貯水池からこのウイルスが最近出現したと思われます。

早い段階で、中国武漢でのCOVID-19アウトブレイクの患者の多くは、大きな魚介類や生きた動物市場と何らかのつながりがあり、動物同士の広がりを示唆していました。その後、伝えられるところによると、動物市場への曝露がなかった患者の数が増えており、人から人への広がりを示しています。

中国の当局者は、コミュニティで持続的な人から人への広がりが中国で起こっていると報告しています。人から人への拡散は、米国やその他の国を含む中国以外で報告されています。

さらに、無症候性のウイルス拡散が報告されています。


CDCの見解は以上になります。

個人レベルで出来る日常の防疫・対策

2020/01/27現在、日本国内では人から人への感染はないと報道されていますが、ベトナムなどでは既に疑いがでています。また中国では「症状がなくても感染力を持つ」と報道されており、人混みにはそのような媒介者が多数いる可能性があります。

なにより、このウイルスはまだ未知のことが多く、感染手段についても明らかになっていません。

私個人が行っている毎日の対策

私個人としては日常生活で、できる範囲内において、次の行動を取っています。
参考になさってください。

記事を分けました。

以上の身を守る行動を、私は2020年1月末より継続して行っています。

COVID-19の興味深いお勧めの外部記事